4月20日 イースター(復活日)礼拝

今週の聖句

マタイによる福音書 28:10

イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」

 

復活節第1主日礼拝順序

前奏

招詞

讃美歌 讃美歌21-4

日本基督教団信仰告白

主の祈り

聖書朗読 マタイによる福音書 28:1~10(新約聖書P.59~60)

祈祷

讃美歌 讃美歌21-327

説教 「主の復活」小峰 擁 牧師

メッセージ(牧師説教要旨)

<(エレミヤ書31:31‐34、)マタイによる福音書28:1‐10>

命の源である神さまは、十字架の上でわたしたちの罪あがないのために死なれた主イエスさまを生かしてくださったのです。これが主の復活の出来事です。そして、その復活の力でわたしたちを生かそうというのが、天の父なる神さまのみこころでありました。どんなに人間の力で阻もうとしても、それを排除して神さまのみ旨がなったのです。神さまのみ手が動いたのです。

 

マタイによる福音書はただ、このとき神さまが起こされた事実だけを簡潔に述べます。天使の口から女性たちに伝えられた言葉を記すのです。

 

「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい」(マタイ28:5,6)。

 

神さまがわたしたちのために、他ならぬこのわたしのためにしてくださったことです。福音書はイエス・キリストの十字架と復活のいのちの恵みをこのように伝えます。さらにこのように続きます。

 

「それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った」(マタイ28:7、8)。

 

復活の朝、聖なる畏れと喜びの体験が女性たちを支配します。信じられないような恵みの出来事です。ここには、神さまがわたしたちのことを罪から救おう、生かそうという神さまのみこころ、み旨がなったのです。天の父なる神さまはわたしたち一人一人のことを愛してくださいます。みこころに留めてくださいます。ですから、神さまはわたしたちを罪から救おうとされます。救いのご計画を成就されるために主イエス・キリストを十字架につけられ、そして復活させられたのです。

 

ところで、主イエスさまは十字架におかかりになる前、ペトロをはじめとした弟子たちに、「わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」(マタイ26:32)とおっしゃっていました。復活の主イエス・キリストは、先にガリラヤへ行って、そこでお待ちになると言われます。ガリラヤは弟子たちのほとんどの出身地でもありました。自分の庭のような所です。失敗と失望に打ちひしがれた時、そこに戻るべくして戻った所です。わたしたちにとってそれは郡山、この地であるかもしれません。ガリラヤは何といっても、弟子たちが主イエスと出会った思い出の場所でした。ペトロはじめ弟子たちは、このガリラヤの地で、復活の主イエスさまとお会いするのです。ガリラヤに帰り、そこで主イエスさまに出会い、そこから再出発させていただくのです。弟子たちはその地で生き直し、生き始めることがゆるされます。彼らにいのちを与えるのは、復活の主イエス・キリストに他なりません。そして、わたしたちもイエスさまの弟子たちとおなじように、神さまの愛によって、愛に包まれることによって、はじめてもう一度、生き直し、生き始めることがゆるされています。

2014年4月20日郡山教会復活日(イースター)礼拝説教

 

祈祷

讃美歌 讃美歌21-333

聖餐式

讃美歌 21-81

献金

献金感謝 讃美歌21-65-1

頌栄 讃美歌21-27

祝祷

後奏

報告

 

次週礼拝予告

4月27日 復活節第2主日礼拝

聖書朗読 エフェソの信徒への手紙 3:14~21 (新約聖書P.355)
説教 「キリストの愛」 小峰 擁 牧師
讃美歌 讃美歌21-11、21-325、21-484です。

礼拝・集会はどなたでもご参加いただけます。初めての方も、大歓迎です!聖書や讃美歌集は教会に用意がありますので、ご心配なさらずにおいでください。

127views

関連記事

礼拝・定例集会案内

主日礼拝式
・毎週日曜日 10時30分〜 

夕礼拝
・月の第1週のみ日曜日の19:30〜
・第2週以降は毎週木曜日 19時30分〜

聖書研究・祈祷会
・毎週木曜日 10時30分〜

毎月第1週 聖餐式
・クリスマス礼拝
・イースター礼拝
・ペンテコステ礼拝
・毎月第1週の礼拝
・毎月第1週の夕礼拝時

毎月第2週
・誕生会
・壮年会
・婦人会
・白百合会
・ヨナの会(青年会)

毎月第4週
・石川伝道所礼拝

聖書について

郡山教会並びに、このホームページで使用する聖書は、一般財団法人日本聖書協会(JBS)新共同訳を用いています。プロテスタント、カトリック両派の教理上の違いや見解の相違を越えて、キリストを信じる者としての根本的な一致の認識に基づいて両教会の共同の作業として翻訳された新共同訳は、カトリック教会でも使用されています。

聖書 新共同訳
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

return top