8月10日 主日礼拝

今週の聖句

ルカによる福音書 6:20

貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである。

 

聖霊降臨節第10主日礼拝順序

前奏

招詞

讃美歌 讃美歌21-360

日本基督教団信仰告白

主の祈り

聖書朗読 ルカによる福音書 6:20~26(新約聖書P.112~113)

祈祷

讃美歌 讃美歌21-371

説教 「幸いのありか」小峰 擁 牧師

メッセージ(牧師説教要旨)

昔、小学校か中学校の国語の教科書に「山のあなた(彼方)の空遠く幸い住むと人のいう…」というドイツの詩人カール・ブッセの詩を読んだことがあります。何だかとてもわたしの心に残りまして、いつしか山の向こうにさいわいがあるように思い、遠い山々を見るようになりました。

わたしの場合、聖書はもう少し後になってから読むようになりましたが、詩篇121篇なども、どうもそれに近いようにも思われるのです。

「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。 わたしの助けはどこから来るのか。 わたしの助けは来る 天地を造られた主のもとから。」(新共同訳詩編121)。

わたしたちだれもがさいわい、幸福な人生を求めますが、いずれにしましても、さいわいは自分のうちにあるというよりも、どこからかやってくるということでは共通してくるようです。わたしたちはこうしたまなざしを与えられたいと思っています。

イエスさまは、さいわいは神さまから来る、神さまのみもとからさいわい、祝福が訪れることをはっきり告げています。イエスさまは「貧しい人々は、幸いである、 神の国はあなたがたのものである」(ルカ6:20)と神さまのみもとから来る祝福を告げられます。イエスさまの神さまの祝福を告げる言葉とは、なんと気前のいい、大盤振る舞いなことでしょうか。律法に忠実な、いわゆる品行方正な人ばかりではありません。そうではない普通の人々、また律法を守りたくともいろいろな事情でそのようにできない人々にまで、『幸いなるかな』、『幸いである』と、神さまから来る祝福が告げられます。これをこどものように素直にうけさえすれば、だれも漏れることはありません。これをこころの手のひらを広げてうけさえすればだれでもいただくことが出来ます。ちょうど、荒野をさすらうイスラエルの民、聖書の民が日ごと、日ごとに、その日のマナを神さまからいただくように。いまイエスさまから神さまの祝福が告げられています。

ここに一連の人々がいます。『貧しい人々』、『今飢えている人々』、『今泣いている人々』、また、人々に憎まれて苦労している人たちなどです。ここに神さまから来る、イエスさまから来る祝福、喜びの歌声が響きます。天使たちも、天上から一緒に喜びの歌声を挙げています。なんと喜びに満ちたにぎやかな歌声、音色でしょうか。

実に、イエスさまの愛のまなざしを感ずるものは、母親の背のようにイエスさまの背中を見つめるものは、きっとイエスさまの示されるさいわいのありかのことを忘れることができません。わたしたちも、十字架と復活のイエス・キリストの愛のまなざしによって見つめられています。赤子のように背負われています。

2014年8月10日郡山教会主日礼拝説教

祈祷

讃美歌 讃美歌21-493

献金

献金感謝 讃美歌21-65-1

頌栄 讃美歌21-27

祝祷

後奏

報告

 

次週礼拝予告

8月17日 聖霊降臨節第11主日礼拝

聖書朗読 ルカによる福音書 11:5~10(新約聖書P.127~P.128) 説教 「求めよ、さらば与えられん」 福島 純雄 牧師(日本基督教団 筑波学園教会)

讃美歌 讃美歌21-54、21-495、21-492です。

聖研祈祷会 休み

夕礼拝 休み

礼拝・集会はどなたでもご参加いただけます。初めての方も、大歓迎です!聖書や讃美歌集は教会に用意がありますので、ご心配なさらずにおいでください。

55views

関連記事

礼拝・定例集会案内

主日礼拝式
・毎週日曜日 10時30分〜 

夕礼拝
・月の第1週のみ日曜日の19:30〜
・第2週以降は毎週木曜日 19時30分〜

聖書研究・祈祷会
・毎週木曜日 10時30分〜

毎月第1週 聖餐式
・クリスマス礼拝
・イースター礼拝
・ペンテコステ礼拝
・毎月第1週の礼拝
・毎月第1週の夕礼拝時

毎月第2週
・誕生会
・壮年会
・婦人会
・白百合会
・ヨナの会(青年会)

毎月第4週
・石川伝道所礼拝

聖書について

郡山教会並びに、このホームページで使用する聖書は、一般財団法人日本聖書協会(JBS)新共同訳を用いています。プロテスタント、カトリック両派の教理上の違いや見解の相違を越えて、キリストを信じる者としての根本的な一致の認識に基づいて両教会の共同の作業として翻訳された新共同訳は、カトリック教会でも使用されています。

聖書 新共同訳
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

return top