9月7日 主日礼拝

今週の聖句

ルカによる福音書 6章47

わたしのもとに来て、わたしの言葉を聞き、それを行う人が皆、どんな人に似ているかを示そう。

 

聖霊降臨節第14主日礼拝順序

前奏

招詞

讃美歌 讃美歌21-6

日本基督教団信仰告白

主の祈り

聖書朗読 ルカによる福音書 6:43~49(新約聖書P.114)

祈祷

讃美歌 讃美歌21-140

説教 「み言葉を聞いて、行う人」小峰 擁 牧師

メッセージ(牧師説教要旨)

きょうの聖書の箇所の後半の「岩の上に家を建てた人」のたとえは、その前半の「実によって木を知る」のたとえと結局同じひとつのことを言っているのだと思います。

「わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。わたしのもとに来て、わたしの言葉を聞き、それを行う人が皆、どんな人に似ているかを示そう」(47節)と主イエスは言われます。「それは、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を置いて家を建てた人に似ている。洪水になって川の水がその家に押し寄せたが、しっかり建ててあったので、揺り動かすことができなかった」(48節)というのです。

「しかし、聞いても行わない者は、土台なしで地面に家を建てた人に似ている。川の水が押し寄せると、家はたちまち倒れ、その壊れ方がひどかった」(49節)というのです。確かにわたしたちの人生には順風満帆な幸せな時だけではありません。その反対に逆風の吹く苦しい時もあります。また「わたしがいままで生きてきたのは結局何のためだったのだろうか」と人生の虚しさに思い悩む時もあります。まるで、きょうの主イエスのたとえの砂の上の家のように、嵐と洪水に跡かたもなく流されてしまいそうな、きびしく、つらく、悲しい時もあります。

しかし、主イエスが来られたいま、このような悲惨な状態、危機的な状況の中に生きる希望、新しい生きる道がわたしたちに与えられました。主イエスを信じ、従う道です。この岩とは天の父なる神さまのことであり、天の父なる神さまの独り子、わたしたちの救い主であるイエス・キリストのことです。わたしたちも、神さまの恵みによって、このみ言葉のように、主の御心を思い、天の父の御心に触れて、岩の上に家を建てた人のように変えられてゆくのです。わたしたちも、イエスさまの十字架によって罪ゆるされて、救われたのですから、これからは砂の上にではなく、岩の上に家を建てた人のように変えられてゆくのです。これからは自分のみを中心とした人生の考え方を悔い改めて、御言葉に人生の基礎を置いて、イエス・キリストという土台の上に家を建てられてゆくのです。

そして、イエス・キリストというこの岩の上には、御言葉の上には、イエス・キリストの教会が建てられてゆきます。これらすべてのことは神さまの愛に根拠があります。愛なる神さまがそうしてくださいます。

たといこの地上の人生はどんなにつらく、みじめなものであっても、イエス・キリストという基礎の上に建てられた人生は、尊い、真実な、有意義な人生です。そして、イエス・キリストによって建てられた主の教会は、動かされることはありません。

このようにわたしたちは、主の愛と慈しみによって、十字架と復活の主イエス・キリストという確かな岩の上にしっかりと基礎、土台を据えていただいたのですから、主の教会に連なって、神さまの恵みによって人生の大切な日々を過ごしてまいりたいと思います。

2014年9月7日郡山教会主日礼拝説教

祈祷

讃美歌 讃美歌21-458

聖餐式

讃美歌 讃美歌21-81

献金

献金感謝 讃美歌21-65-1

頌栄 讃美歌21-27

祝祷

後奏

報告

 

次週礼拝予告

9月14日 聖霊降臨節第15主日礼拝

聖書朗読 ルカによる福音書 7:1~10(新約聖書P.114~P.115)
説教 「み言葉をください」 小峰 擁 牧師
讃美歌 讃美歌21-11、21-58、21-200、です。

9月18日(木)10:30~ 祈祷会・聖書研究

9月18日(木)19:30~ 夕礼拝・聖書研究

礼拝・集会はどなたでもご参加いただけます。クリスチャンでない方も、教会が初めての方も、どうぞ、おいでください。教会にはあなたの席が用意されています。聖書や讃美歌集は教会に用意がありますので、どうぞご利用ください。

 

51views

関連記事

礼拝・定例集会案内

主日礼拝式
・毎週日曜日 10時30分〜 

夕礼拝
・月の第1週のみ日曜日の19:30〜
・第2週以降は毎週木曜日 19時30分〜

聖書研究・祈祷会
・毎週木曜日 10時30分〜

毎月第1週 聖餐式
・クリスマス礼拝
・イースター礼拝
・ペンテコステ礼拝
・毎月第1週の礼拝
・毎月第1週の夕礼拝時

毎月第2週
・誕生会
・壮年会
・婦人会
・白百合会
・ヨナの会(青年会)

毎月第4週
・石川伝道所礼拝

聖書について

郡山教会並びに、このホームページで使用する聖書は、一般財団法人日本聖書協会(JBS)新共同訳を用いています。プロテスタント、カトリック両派の教理上の違いや見解の相違を越えて、キリストを信じる者としての根本的な一致の認識に基づいて両教会の共同の作業として翻訳された新共同訳は、カトリック教会でも使用されています。

聖書 新共同訳
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

return top