2019年6月23日主日礼拝 

 聖霊降臨節第3主日礼拝順序

○ 前奏

○ 招詞

○ 讃美歌 21-57(ガリラヤの風かおる丘で)

○ 日本基督教団信仰告白

○ 主の祈り

○ 聖書朗読 ローマの信徒への手紙16:3~16    p.297

キリスト・イエスに結ばれてわたしの協力者となっている、プリスカとアキラによろしく。

命がけでわたしの命を守ってくれたこの人たちに、わたしだけでなく、異邦人のすべての教会が感謝しています。

また、彼らの家に集まる教会の人々にもよろしく伝えてください。わたしの愛するエパイネトによろしく。彼はアジア州でキリストに献げられた初穂です。

あなたがたのために非常に苦労したマリアによろしく。

わたしの同胞で、一緒に捕らわれの身となったことのある、アンドロニコとユニアスによろしく。この二人は使徒たちの中で目立っており、わたしより前にキリストを信じる者になりました。

主に結ばれている愛するアンプリアトによろしく。

わたしたちの協力者としてキリストに仕えているウルバノ、および、わたしの愛するスタキスによろしく。

真のキリスト信者アペレによろしく。アリストブロ家の人々によろしく。

わたしの同胞ヘロディオンによろしく。ナルキソ家の中で主を信じている人々によろしく。

主のために苦労して働いているトリファイナとトリフォサによろしく。主のために非常に苦労した愛するペルシスによろしく。

主に結ばれている選ばれた者ルフォス、およびその母によろしく。彼女はわたしにとっても母なのです。

アシンクリト、フレゴン、ヘルメス、パトロバ、ヘルマス、および彼らと一緒にいる兄弟たちによろしく。

フィロロゴとユリアに、ネレウスとその姉妹、またオリンパ、そして彼らと一緒にいる聖なる者たち一同によろしく。

あなたがたも、聖なる口づけによって互いに挨拶を交わしなさい。キリストのすべての教会があなたがたによろしくと言っています。

 

○ 祈祷

○ 讃美歌  21-390(主は教会の基となり)

○ 説教

メッセージ(牧師説教要旨)

2019年6月23日郡山教会主日礼拝説教

『キリストの教会』 小峰 擁

聖書の研究者や註解者たちによりますと、ローマの信徒への手紙は実質的に15章で終わっているかもしれないというのです。16章はいわば付録的部分であると考えられるというのです。15章の終わりの挨拶や祝祷のところなどを考えると、確かにこうした見方もうなずけるところがあるかもしれません。

しかし、ローマの信徒への手紙は聖書のみことばですから、主イエスさまの福音の大切なメッセージが込められています。もちろん16章もそうです。

ローマの信徒への手紙16章には、使徒パウロが労苦をも厭(いと)わず喜びをもって主の福音を伝える愛、息遣い、熱情があります。

そして、またここには、使徒パウロだけではなく、主イエスさまを信ずる多くの人々の顔や姿が見え隠れするように思えるのです。

主イエスさまを信ずる群れ、キリストの教会の顔や姿です。そして、その顔や姿はいまを生きるわたしたちの顔や姿にまで連なってくるといえましょう。

ですから、ローマの信徒への手紙16章をじっくりと読んでいますと、主にある人々、主を信ずる人々の顔や姿が想像されます。このように聖書によって、また主イエスさまを信ずる人々の群れ、主の教会、キリストの教会によって、わたしたちはさまざまな信仰の慰めや励ましを与えられます。心も熱くさせられます。

パウロはここでたくさんの名前をあげてローマの教会に宛(あ)てて、「よろしく」と書き送っています。ここには何と26名もの主にある人々の名前があがっています。

1、2節のケンクレアイのフェベだけではありません。3節以下にも主にある人々、主に結ばれた人々の多くの名前が記されています。

それらの人々を短くですが、良くその特質を捉えて一人ひとりの安否を尋ねています。

パウロと何らかの親交のあった人々であったかもしれません。ローマの教会だけでなく、エフェソの教会ゆかりの人々も見受けられます。パウロと何らかの接点のある信仰の友の名前です。ですから、その一人ひとりがとても大切な名前なのです。

それでは、なぜこの手紙の16章に注目するのかと申しますと、それはやはりわたしたちの信仰とも無関係ではありえないと思うからです。

わたしたちも信仰の友のあの人、この人の顔や姿がどうしても心に思い浮かびます。

主イエスさまを信ずる信仰によって結ばれた大切な友の名前です。ですから、わたしたちにとっても尊い一人ひとりの名前になります。

ここにも主イエスさまを信じる人々の群れ、主を信ずる教会、キリストの教会があります。わたしたちも主の教会、キリストの教会の一枝ひとえだです。

わたしたち一人ひとりが主に結ばれています。キリストに結ばれています。ここにキリストの教会の喜びと希望があります。わたしたちの大きな喜びと希望があります。

○ 祈祷

○ 讃美歌 21-394(信仰うけつぎ)

○ 献金

○ 献金感謝 讃美歌21-65-1(今そなえる)

○ 頌栄 讃美歌21-27(父・子・聖霊の)

○ 祝祷

○ 後奏

○ 報告

40views

関連記事

礼拝・定例集会案内

主日礼拝式
・毎週日曜日 10時30分〜 

夕礼拝
・月の第1週のみ日曜日の19:30〜
・第2週以降は毎週木曜日 19時30分〜

聖書研究・祈祷会
・毎週木曜日 10時30分〜

毎月第1週 聖餐式
・クリスマス礼拝
・イースター礼拝
・ペンテコステ礼拝
・毎月第1週の礼拝
・毎月第1週の夕礼拝時

毎月第2週
・誕生会
・壮年会
・婦人会
・白百合会
・ヨナの会(青年会)

毎月第4週
・石川伝道所礼拝

聖書について

郡山教会並びに、このホームページで使用する聖書は、一般財団法人日本聖書協会(JBS)新共同訳を用いています。プロテスタント、カトリック両派の教理上の違いや見解の相違を越えて、キリストを信じる者としての根本的な一致の認識に基づいて両教会の共同の作業として翻訳された新共同訳は、カトリック教会でも使用されています。

聖書 新共同訳
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

return top